So-net無料ブログ作成

サッカー日本vsシリア戦・本田、岡崎、宇佐美弾でE組首位浮上! [サッカー日本代表、シリアに快勝!]

スポンサードリンク




サッカー日本vsシリア戦・本田、岡崎、宇佐美弾でE組首位浮上!

「すばらしい美しい勝利」








◆2018年ロシアW杯アジア2次予選兼アジア杯2019予選E組 

日本3―0シリア(8日、オマーン・マスカット、シーブスポーツスタジアム)

samurai.jpg シリア戦4.jpg





勝ち点7でE組2位の日本代表は、中立国のオマーンで首位(勝ち点9)のシリアと対戦。

後半、本田圭佑(29)=ACミラン=、岡崎慎司(29)=レスター=、

宇佐美貴史(23)=G大阪=のゴールで3-0と快勝。

勝ち点10でシリアを上回り首位に立った。


 前半はロングパスがうまくつながらず、0-0と苦戦した日本。

後半10分、岡崎がペナルティーエリアで倒されると、本田がPKを左下にきっちり決め先制。

24分には、左サイドから切り込んだ香川真司(26)=ドルトムント=のパスを、

ゴール前の岡崎が合わせて2点目。終了間際の43分には、左を駆け上がった本田が、

中央の宇佐美にヒールパス。宇佐美が3点目を突き刺した。

 

岡崎は、自身の2点目を「シンジが単独で突破し、その後自分が決めたので、

半分くらいシンジのゴール」と、アシストした香川のおかげと振り返り、

「前半は相手も良くタフな試合だったが、後半は自分たちのサッカーができた」と分析した。

 

バヒド・ハリルホジッチ監督(63)は、

前半の良くない部分をハーフハイムで修正できたと明かして、

「後半仕留めることができた。選手を祝福したいし、

遠くから来たサポーターの皆さんにも祝福したい。すばらしい、美しい勝利でした」と絶賛。

 主力の3選手がゴールを決めたことには「全員で取った得点。

チームは良い雰囲気ですし、野心を持っている。もっと向上したい」と語った。

 

日本は13日にイランとテヘランで親善試合を行ったあと帰国。

W杯予選の次戦は11月12日にシンガポールと、

同17日にカンボジアと(いずれもアウェー)対戦する。

記事引用元
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151008-00000262-sph-socc

個人的な意見ですが・・・

前半はちょっと怪しい感じでしたが、

後半はシッカリ修正してきて久しぶりに気持ちのイイ試合が

観戦出来たと思います!

私の中では今回のMOMは岡崎慎司ですね~♫

それでは今日はこの辺で!









バイトル[即日払いOK]の求人情報を検索 バイトル[即日払いOK]の求人情報一覧







スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました