So-net無料ブログ作成
検索選択
ハロウィン ブログトップ

要注意!ハロウィンの警察官や自衛官そっくりなコスプレは法に触れる可能性があり!? [ハロウィン]




パーティーコスチューム&グッズ


ウィッグは選べる100色!理想の色がきっと見つかる。
コスプレウィッグを探すならエアリー



コスプレカラコン通販アイトルテ



スポンサードリンク





要注意!ハロウィンの警察官や自衛官そっくりなコスプレは法に触れる可能性があり!?

コスプレ1.jpg

<コスプレで街を歩くのを楽しむ日として定着したハロウィンだが、

どんな格好をしても自由かというと、そうとは限らない。

著作権法や軽犯罪法、銃刀法、道路交通法など法による制限を、

事前によく知っておくべきだ>

10月31日はハロウィンである。

日本ではここ数年、堂々とコスチュームプレイ(コスプレ)をして街を歩ける日として

急速に定着した感がある。
 
 先日、ある個人経営の居酒屋で飲んでいたところ、

ハロウィンに関する話題となった。その際、

ご年配の大将から発せられた「去年はここに魔法使いの格好をした女が入ってきてさ、

なのに普通に飯食ってたから、気持ち悪かったよ。今年は出入禁止にしようか」との言葉が、

未だに脳裏から離れない。

 日本では大原則として、どんな服でも着ることができる「ファッションの自由」が

保障されていると考えていい。

表現の自由を保障する日本国憲法21条1項や、個人の幸福を追求する権利を

保障する同13条が、それを実質的に裏付けている。

続きはコチラ![→]http://news.livedoor.com/article/detail/12187665/




スポンサードリンク






ハロウィン ブログトップ