So-net無料ブログ作成
検索選択
甲子園最多奪三振記録を生んだ『裏話』とは?? ブログトップ

板東英二 甲子園最多奪三振記録を生んだ『裏話』とは?? [甲子園最多奪三振記録を生んだ『裏話』とは??]








1958年の夏の甲子園準々決勝、徳島商(徳島)vs魚津(富山)は、

板東英二・村椿輝雄の両エースが一歩も譲らず、延長18回を終えても0-0。

大会史上初の引き分けとなった。翌日の再試合で板東は完投勝利。

その後決勝まで進み、大会通算83奪三振の金字塔を打ち立てる。

不滅の三振記録を生んだものは何か。それは意外にも、

少し“後ろ向き”な理由だった。板東氏が振り返る。

(続きを読む)板東英二 甲子園最多奪三振記録を生んだ『裏話』とは??


甲子園最多奪三振記録を生んだ『裏話』とは?? ブログトップ