So-net無料ブログ作成
検索選択
インターハイ予選東京・決勝戦、関東一高vs國學院 ブログトップ

『関東一高vs國學院久我山』インターハイ東京予選決勝戦・勝負の行方は?? [インターハイ予選東京・決勝戦、関東一高vs國學院]










2015年6月21日、観戦してきました!

インターハイ予選・東京決勝戦!

関東一高vs國學院久我山

[6.21 全国高校総体東京都予選決勝 関東一高 1-0 國學院久我山高 赤羽]

 平成27年度全国高校総体「2015 君が創る 近畿総体」

サッカー競技東京都予選は21日、赤羽スポーツの森公園で決勝戦を行い、

関東一高が1-0で國學院久我山高を下して初優勝を飾った。

 前日の準決勝を勝って全国高校総体の出場権を獲得した両チームが

プライドをかけて臨んだ決勝戦は、実力伯仲の接戦となった。

試合の立ち上がりは、久我山のペースだった。

前任の李済華監督がFC琉球のGMに就任し、清水恭孝コーチが新監督に昇格したが

「美しく勝て」をスローガンとする攻撃サッカーは変わらない。

テンポの速いパスワークで押し込んだ5分、右FW安藤謙生が縦に突破し、

クロスを受けたトップ下の名倉巧がターンで相手をかわしてシュート。

いきなり鮮やかな攻撃を見せた。

 しかし、主将の宮原直央が「崩しきれないというより、

シュートを打ち切れないのが敗因。肝心なところでシュートを打てない。

打つ意識の強い選手がまだ少ない」と話したように、

何度もサイドに起点を作って攻撃を仕掛けたが、シュートを打てない時間が続いた。

一方、精力的なプレスバックで守備からリズムを立て直した関東一は、

25分にボランチの道願翼が中央から左に展開すると、

左MF高橋快斗を経由して、オーバーラップした左DF佐々木功輝がクロスを

送ってチャンスメーク。

33分にはトップ下の富山大輔のFKを高橋が頭で合わせる好機も生まれた。

少しずつ関東一がペースをつかむ中、

久我山は36分に2年生ボランチの知久航介から右のハイサイドへボールを送り、

安藤のキープ、バックパスから右DF宮原がミドルシュートを放ち、

ペース奪還を図った。






関東一高vs國學院久我山 勝負の結末は??


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
インターハイ予選東京・決勝戦、関東一高vs國學院 ブログトップ