So-net無料ブログ作成
Aグループ決勝 西武台 vs 日大藤沢 ブログトップ

平成27年度第58回関東高校サッカー大会 Aグループ決勝 西武台 vs 日大藤沢 [Aグループ決勝 西武台 vs 日大藤沢]








今大会のファイナル!

Aグループ決勝戦、 『西武台 vs 日大藤沢』

2015.06.01、行われた。


両者共に賑やかな応援団を引き連れ、

スターティングメンバーの発表にも声援と拍手が送られていた。

試合前の円陣もこの一戦にかける強い思いが伝わってくる。


両者共に勝利へのその強い思いもあってか、球際では一歩も引かない展開となった。

その為か開始早々、接触した選手が瞼を切り交代するという不運に見舞われた。


日大藤沢は、負傷したMF17番佐藤拓を代え、MF11番矢後佳也が出場。

想いを引き継ぐことになった。


最初のチャンスは西武台、前半11分右サイドの1対1からMF14番杉内聖弥がクロスを上げる。

MF8番山口大輝がヘッドで合わせるも、これはGK鈴木孔明キャッチ。

お互い攻撃では人数を集めた所からスタートし、取られたらすぐ奪い返すという守備。

場合によっては奪った瞬間にショートカウンターを狙うという形をとっていた。



両者似たような形であったが、流れは押せ押せムードの西武台。

前半19分、FW9番川田航平から中央でボールを受けたDF4番田中雅己がシュート。

しかし、これはGK鈴木にセーブされる。

前半22分、MF6番今井祐太郎がインターセプトから右サイドをドリブルし、

鋭いクロスを上げる。これにFW9番川田航平が合わせるがこれはGK鈴木がセーブ。



良い流れの中で決めきれない西武台。そうしている間にチャンスが日大藤沢にも訪れる。

前半26分、右サイドでボールを受けたMF8番興膳和希がカットインからシュート。

グラウンダーに抑えられた見事なシュートがゴールネットに突き刺さり、

日大藤沢が先制する。



なんとか1点を返したい西武台は、

前半28分MF8番山口大輝の左サイドの突破からFW9番川田航平がクロスに

合わせるもこれはGKに阻まれる。

続いて33分、FW9番川田航平が瞬足を活かした裏抜けからボールキープ、

自らターンしてクロスを上げるもこれは中の選手には合わない。

前半35分にはMF6番今井の見事なスライディングインターセプト。

これを正確なロングパスでMF8番山口大輝に合わせるも、

これもGKにキャッチされる。



怒涛の攻撃が続く西武台、ついにその努力が報われる。

前半37分、右サイドから巧みなフェイントでFW10番新行内一輝が相手を交わし、

FW11番橋本陸がヘッドに合わせる。これがゴールに吸い込まれ、

同点に追いつく。



1対1の同点になったところで前半終了ホイッスル。


前半押し気味で試合を進めた西武台は、狭い所での攻撃でボールを奪われるも、

しっかりとボランチのMF6番今井がボールを奪い返すシーンが目立った。

そしてこのボールを精度の高いキックで再三チャンスに結びつけていた。

一方の日本大学藤沢もFW18番菅原大雅が体を張ったキープで前線にタメを作るも

中々ゴールまで行けない。

数少ないチャンスを活かしてゴールを奪った。

今大会活躍のドリブラーMF10番蛭田悠弥もここまでは抑えられていた。






(続きを読む) 試合は後半戦へ


Aグループ決勝 西武台 vs 日大藤沢 ブログトップ